生まれてくる大切な家族のためにできることを!

妊娠しているときに歯周病にかかると、お母さまだけでなく、大切なお子さまにも悪影響を及ぼします。 歯周病にかかることで、早産低体重児出産のリスクを高めてしまうのです。 妊娠すると、胎盤の発育に伴い、プロゲステロンとエストロゲンというホルモンが多く作られます。 これらのホルモンは歯周ポケット内での濃度も上昇します。 お口の中にいる細菌、プレボテラ・インターメディアと歯周病菌の一種は女性ホルモンであるエストロゲンを大好物とします。 妊娠中の女性では、エストロゲンの分泌治療が通常の10~30倍にまで増加します。 このため、ごく少量のプラークや歯石の付着にも反応してしまい、歯周病になりやすくなってしまいます。 それだけに、妊娠中は妊娠前よりもお口の中の清掃に力を入れる必要があります。

妊娠中の虫歯治療

妊娠中の歯科治療はおなかの赤ちゃんへの影響を気にされる方も多いと思います。 ですが、いくつかの注意点を守ることで治療を行うことができます。 妊娠の可能性がある方、妊娠中の方は必ずお申し出ください。 ご不明な点がございましたら、ぜひご相談ください。

妊娠中の虫歯治療の時期

妊娠初期(1~4か月)

この時期は過度な緊張や長時間の治療を避け、応急処置にとどめます。

妊娠中期(5~7か月)

安定期と呼ばれるこの時期は、ほとんどの方が問題なく治療することが可能です。

妊娠後期(8~10か月)

この時期は応急処置のみを行います。 事前に相談をさせていただき、納得された上で治療を受けていただくことが大切です。

住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ