入れ歯とは

入れ歯とは、様々な理由で歯を失っていしまった場合の治療方法の一つです。 かぶせ物を接着剤で固定してしまうブリッジや、骨に人工の根っこ(ボルト)を打ち込むインプラントとは異なり、ご自身で取り外しのできる物を指します。 失ってしまった歯の本数や範囲などによっても入れ歯の設計が大きく変わります。 入れ歯は種類が豊富なため、見た目や装着時の違和感(ベロが当たってしゃべりにくい、装着による異物感など)があります。 これらの問題を少しでも軽減・改善できるようにお口の中の状態を正確に診断し、相談しながら適切な入れ歯を選びましょう。

部分入れ歯と総入れ歯の違い

残っている歯がある場合は、その歯を土台として使う部分入れ歯による治療を行います。 すべての歯を失ってしまった場合は、総入れ歯による治療を行います。

入れ歯の症状・治療

  • 入れ歯が外れやすい・・・
  • 会話中に入れ歯がとれてしまう(動く)・・・
  • 食事のときに入れ歯が痛んでよく噛めない・・・

などの入れ歯のお悩みを解消いたします。 入れ歯を新しく作ったあとも何度か調整が必要になります。 たとえるならば、新品の靴を履き始めた時に起こる靴擦れに近いです。 新品の靴は履き始めてすぐの頃には靴擦れを起こし、痛むことがあります。 新しくお作りした入れ歯も同様で新しく作ったからすぐに問題なく使える!というものではありません。 何度か痛む部分を調整していきながら、患者さまにあった状態にしていきます。 少しでも違和感の少ない入れ歯を作製・調整していきます。 入れ歯もご自身の歯と同様で、定期的な状態の確認・メンテナンスを受けることが大切です。

義歯の種類

入れ歯の種類は、設計以外にも材質の違いがあります。 そのため、種類が豊富です。 見た目の自然さや保険適用の有無などで、様々な種類を選ぶことができます。

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯は、費用を抑えることが最大のメリットです。 デメリットは、見た目が不自然であったり装着時に違和感を感じやすいことです。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが見た目が自然になりやすく、装着時の違和感を少なくすることができます。

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯のみです。 樹脂で作られており、薄く軽い材質です。金属部分が無いか・少ないため審美面も優れています。 装着時の違和感が少ないことが特徴です。

金属床義歯(コバルトクロム合金)

コバルトクロム合金が基盤となります。 入れ歯の素材として長い歴史のある安心のできる素材です。 耐久性と快適性に優れています。 金属アレルギーのある方はご相談ください。

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: アクセストークンが無効か、有効期限が切れています。 フィードは更新されません。
FOLLOW
住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ