妊娠中は歯科治療は受けられないの?? 妊婦さんの安全な歯科治療のために知っていただきたいこと!!

投稿日:

こんにちは!!江南市の寺沢歯科医院です!!
今回の歯の豆知識ブログの内容は『妊娠中の歯科治療』についてです。
妊娠中はおなかの中に大切なおこさまがいらっしゃいます。いろいろと気をつかう時期だと思いますが、どこまでがOKなのかわかりにくく不安だと思います。
今回はそんな妊娠中の歯科治療についてお話していきます。

歯科治療・・・どの時期に治療するのが理想??

妊婦さんが歯科治療を受けられる際には、十分な配慮を行うことで大切なおこさまへの大きな影響はないと考えられます。
ですが、母親がそれを心配するのも事実でしょう。
少しでもリスクを避けるためにも、妊娠中期のいわゆる“安定期”に治療を受けるようにしましょう!!
安定期とは16~27週にあたります。

妊娠初期(0~15週)特に4~7週では催奇形性の可能性が高いですので応急処置にとどめるのが望ましいです。
妊娠後期(28週~)でも応急処置にとどめることが望ましいとされています。

妊娠中のレントゲン写真の撮影は影響あるの??

妊娠中に歯科のレントゲン写真(CT以外)の撮影を行っても、おなかの中のおこさまが直接被爆することはないので、特に問題はありません。
妊娠初期はおこさまの発育がもっとも活発です。そのため、放射線の感受性が高く影響を受けやすい時期ですので注意は必要です。
ですが、被爆を怖がってレントゲン写真を撮らないと、適正な診断や治療を行えない場合もあります。
だからといって、必ずレントゲン写真を撮影しないといけないわけではありませんので、症状などに合わせて相談をさせていただけると良いと思います。

ちなみにですが、レントゲン写真を撮影することで被曝量は、年間の自然放射線量の
約1/240程度です。
また、撮影時には防護用のエプロンも使用いたします。

妊娠中の麻酔は問題ないの??

妊娠中に治療を行う場合、必要に応じて麻酔を使用してもほぼ問題ありません。
痛みに耐えるストレスを考えると、適量の麻酔を使用することで治療自体もスムーズに行えます。
ですので、母体やおこさまへの負担を軽減することができると考えられます。

レントゲン写真のお話と同じですが、強制的に麻酔をする!というものではございませんので、麻酔を使用する・しないは相談の上で決めていくのが一番だと思います。

今回は妊婦さんの歯科治療についてお話させていただきました!
妊娠中や妊娠の可能性のある方は事前にお伝えいただけると幸いです。

みなさまが少しでも安心して治療を受けられるように努力してまいりますので、気になる点などございましたらお問い合わせください!!

カテゴリー:

タグ: /

住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ