歯並びの位置を決定する“ニュートラルゾーン(筋圧中立帯)”ってなんだろう??

投稿日:

こんにちは!!愛知県江南市の寺沢歯科医院です!!
今回の歯の豆知識ブログの内容は『ニュートラルゾーン』についてお話ししていきます。
みなさんは歯並びは何で決まると思いますか??
歯は不思議なもので、弱い力でも加わり続けることでどんどん移動していきます。
その代表的なものが歯の矯正治療です。
ワイヤーやマウスピースを使って弱い力を持続的に加えることで歯並びをすこしずつ改善しよう!というものです。

今回お話しする内容は“お口の周りの筋肉の力”によって歯の位置が決まる!というお話です。

ニュートラルゾーン(筋圧中立帯)とはなんだろう??

お口の中の歯には常に力が加わっています。
歯の内側からはベロ(舌)で外側に向かって押されます。
逆に、歯の外側からはほっぺたやくちびるによって内側に向かって押されます。
この歯に加わる力(筋肉の力)が均衡している領域のことを“ニュートラルソーン”と呼びます。
筋圧の均衡する場所に歯は並ぼうとするのです。これによって、歯並びは保たれています。

では、歯並びが気になるからと言って、ただ力を加えればいいか?というと違います。
歯が並ぶためのスペースがある状態で、動ける方向への力がかかった場合に歯が動くのです。歯並びが気になってしまう場合には、矯正治療を検討していただくのが一番です。

ニュートラルゾーンが関係してくるのはどんなとき?

では、このニュートラルゾーンは何に関係してくるのでしょうか?
一番関係するのはこどもの歯である乳歯から大人の歯である永久歯に生え代わる際に歯が並ぶ場所を決めてくれます。
くちびるの力が弱く、ぽかんと口が開いたままになっているとベロに押されて歯が唇側に倒れてきてしまいます。ベロの力が強すぎる場合も同様です。
また、下の前歯の生え代わりの時期に乳歯のベロ側に永久歯が生えてきた!なんてことがあります。そんなときは、永久歯がしっかりと生えそろうスペースさえあれば様子を見ても問題ありません。このニュートラルゾーンの関係で、頭を出してきた永久歯がベロに押されてくちびる側に動こうとします。そうすることで乳歯を押して歯が抜けるのを促してくれます。(心配であれば一度ご相談ください)
その他では、入れ歯の歯を並べる際にもこの“ニュートラルゾーン”というものを意識する必要があったりします。

今回の歯の豆知識ブログでは“ニュートラルゾーン”という歯の周りの筋肉による力が均衡する領域のことについてお話ししていきました!
ご不明な点がございましたら、どんなことでも構いませんので一度ご相談くださいね。

calendar

2022 6月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ