歯の根っこが割れてしまった・・・ 根っこが割れてしまった場合の治療方法とは??

投稿日:

こんにちは!!愛知県江南市の寺沢歯科医院です!!
今回の歯の豆知識ブログの内容は『歯の根っこが割れてしまった場合』についてお話していきます。
以前のブログで『歯のハセツ』についてお話していきました。
今回は歯ぐきの中の根っこまで割れてしまった場合のお話になります。
歯の根っこが割れることを“歯根(しこん)ハセツ”といいます。

歯根ハセツが起こるとどんな症状がでるのでしょう?

歯の根っこが割れてしまうとどんなことが起こるのでしょうか?
症状は個人差もあるのですが、多い症状としては以下のようなものが多いです。

・かんだ時に鈍痛や違和感がある。
・歯ぐきが腫れる・膿が出ることがある。または腫れなどを繰り返してしまう。
・歯が大きく動くようになった。
・歯が浮いたような感じがある。

ちなみに、これらの症状は割れた歯の状態によっても大きく異なります。
割れた歯の神経が生きている場合は、かむたびに鋭い痛みが出ます。
神経のない歯の場合は鋭く痛むことは少ないです。
歯の神経がない状態で割ることの方が圧倒的に多いです。

歯の根っこが割れてしまうと、割れてできた裂け目からどんどん細菌が入っていきます。
すると炎症が起きてしまい、腫れたり・膿が出るようになってしまいます。
この割れてしまった歯をそのまま放置してしまうと、炎症が歯の根っこだけでなく周りのあごの骨にまで広がっていきます。
これを放置してしまうと・・・なんと、『骨が溶けて失われます』。
さらに放置してしまうと、割れた歯の両隣の歯の周りの骨まで溶けていきます・・・
この、歯根ハセツは歯の神経のない歯でよく起こります。
神経を取り除く治療をして、年数が経つにつれてどんどん割れるリスクが高くなっていきます。
基本的に、神経の治療をしたあとは“コア”と呼ばれる土台を根の中に差し込み、その上にかぶせ物をします。
この、土台の周りから亀裂が入り、根の先端近くまで割れてしまうことが多いのです。
ですから、歯の神経を取る=歯の寿命を大きく縮めるということにつながりやすいのです。

歯根ハセツが起こってしまった場合、どのような治療になるの??

割れる範囲でも変わってきますが、歯の根っこが割れてしまった場合の基本的な治療は・・・
“抜歯”すなわち、歯を抜くことになります。
もちろん、状態によっては残すこともできるのですが、ほとんどの場合が歯を抜く治療になってきます・・・

割れないようにするために、どんなことができるのでしょうか?

では、どのように予防すればいいのでしょうか。
一番大切なことは“虫歯を予防すること”です!!
虫歯ができなければ、神経をとる必要がありません!

他には、スルメやフランスパンなどの硬い食べ物を食べる際は気をつけるようにする必要があります。
アメ玉をかんで歯が割れてしまった・・・という患者さまもいらっしゃいます。

まとめ

今回は歯根ハセツについてお話していきました。
歯は食事をするために欠かせない存在です。
人生の楽しみを失ってしまわないためにも、定期的な歯の点検・クリーニングを行い、歯と健康なお口の中を守っていきましょう!!

カテゴリー:

calendar

2022 11月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ