子どもの歯から大人の歯への生え代わりはどのようにして起こるのでしょうか??

投稿日:

こんにちは!!愛知県江南市の寺沢歯科医院です!!
今回の歯の豆知識ブログの内容は『乳歯から永久歯への生え代わり』についてお話ししていきます。

お子さんの歯の交換のことで悩まれているお母さん、お父さんは多いように感じます。
知っているようで知らない歯の生え代わりについてお話ししていきます。

歯の生え代わりについて

6歳頃から大人の歯、いわゆる永久歯が生え始めることが多いです。

乳歯の下から永久歯が生えてくることで、乳歯の根っこに永久歯がぶつかります。
ぶつかり始めた乳歯の根っこはどんどん溶かされていきます。
これが進むことで乳歯の根っこだけが完全になくなり、ぐらぐらになって抜けて永久歯が頭を出すという流れで歯の交換が行われます。
理想としては、子どもの歯の真下から大人の歯が生えてきて、乳歯が抜けて交換する。というものです。

ですが、実際には歯が生え代わるためには乳歯と永久歯で歯の大きさが違うこともあり、生え代わるために“スペース”が必要になったりとさまざまな問題が絡んできますのでなかなか思うとおりにはいかないことがあるのです。
歯の大きさは乳歯と永久歯でも違ってきます。
前歯に限って言えば、乳歯よりも永久歯も方が大きいのです。

まとめ

今回の歯の豆知識ブログは歯の交換についてお話ししていきました。
乳歯と永久歯の歯の大きさの違いなどが原因で、さまざまな歯の交換に関する心配事や、不安があると思います。
次回は歯の生え代わりに関わるギモンについてお話ししていきます!
乳歯の交換のことでお困りのことがございましたら一度ご相談くださいね!

カテゴリー:

calendar

2022 9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ