歯を失った場合の治療にはどのような方法があるの? それぞれのメリット・デメリットとは?

投稿日:

こんにちは!!愛知県江南市の寺沢歯科医院です!!
今回の歯の豆知識ブログの内容は『歯を失った場合の治療方法』についてお話ししていきます。
どの歯を失うか?でも治療方法は変わってきますが、一般的な方法について今回はお話ししていけたらと思います。

歯を失った場合はどのように対処するの??

そもそも、歯を失ったままの状態にしておくと時間の経過とともに良くないことが起こります。
それは、抜けたスペースを埋めようとして周りの歯が少しずつ動いてきてしまうのです・・・
これによって、力のバランスが崩れてしまう可能性がありますので歯を失った場合はダミーの歯で空いたスペースを補ってあげる必要があります。

歯を失った場合の治療方法には次の3つがあります。
①ブリッジ(両隣の歯とつなげた形でかぶせ物をかぶせる方法。いわゆる差し歯)
②義歯(完全取り外し式の歯。いわゆる入れ歯)
③インプラント(骨に打ち込むタイプのダミーの歯)

それぞれの治療方法について詳しく見ていきましょう

①ブリッジ

この方法は歯を失った場所によっては行うことができない場合があります。
両隣に歯があることでかぶせ物をつなげられるので、片一方に歯がない場合は治療ができません。

【メリット】

・ブリッジはつなげた形の差し歯ですので、ご自身の歯に接着するものになります。
ですので、患者さんご自身で取り外したりできるものではありません。
接着剤の劣化などの問題がない限り、お食事中に外れたりすることがないため、違和感を感じにくいです。
・元々の歯に近い状態でお食事できる。

【デメリット】

・ブリッジでの治療を行うためには、両隣の歯を大きく削らないといけないため歯がもろくなりやすい。
・両隣の歯に力の負担が集中するようになるため、両隣の歯の寿命が縮まる。

②義歯(入れ歯)

いわゆる入れ歯です。
この方法は、失った歯の状況に合わせて設計を変えられるので臨機応変に対応可能です。

【メリット】

・歯を削る量が少ないため、周りの歯への負担が少ない。

【デメリット】

・患者さんご自身で取り外ししていただく必要があるため、手間がかかる。
・かめる力が弱く、元々の歯の30%程度の力でしかかめなくなってしまう。
・装着時に違和感を感じやすいため、しゃべりにくさの原因になる。

③インプラント

インプラントとは、歯を失った部分の骨にボルトを打ち込みかぶせ物をかぶせる方法です。
すべてのケースで行えるわけではありません。

【メリット】

・周りの歯を削ることがない。
・しっかりとかむことができるため、周りへの力の負担もないです。
・見た目も自然で違和感が少ない。

【デメリット】

・外科的な処置になる。
・すべてのケースで対応可能なわけではない。(全身的な病気によっても処置ができない場合があります)
・保険適応でないので費用がかかる。

まとめ

今回の歯の豆知識ブログでは歯を失った場合の治療方法とメリット・デメリットについてお話ししていきました。
状態によっては対応が難しい場合や対応できない場合がありますので、一度当院へご相談ください!!

calendar

2022 9月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ