虫歯治療後の定期検診の重要性について(セルフケアの大切さについて)

投稿日:

『虫歯の治療を終えたらそれでおしまい!』『虫歯の治療が終わったからやっと歯医者に通わなくてすむ!!』
そのように思っていらっしゃる患者さまは多いのではないでしょうか?
お気持ちは痛いほどわかります。ですが歯の専門家である我々からするとこの考え方はとてももったいないように思います。
『虫歯の治療が終わった!』とは“虫歯がある状態”から“虫歯とともに健康な歯を一部失った状態”になったのです。つまり元通り(健康な歯の状態)にはなっていないのです。

健康な歯を一部失い、詰め物で補った状態なのです・・・。
なにが言いたいかというと、“元々の健康な歯の状態よりも虫歯になりやすく、弱い状態”になってしまっているのです。
虫歯治療が終わってからこそ、お口の定期検診が重要になってくるのです!!

虫歯や歯周病の予防に大切なのは患者さまご自身に行っていただく“セルフケア”と我々歯医者や歯科衛生士が行う専門家が行う“プロフェッショナルケア”とがあります。
この両方がとても大切になってきます。

セルフケアとは?

ご家庭でできるセルフケアといえば、歯ブラシによるブラッシングです。
基本毎食後に3回、食事後30分以内に行います。
睡眠中はツバ(唾液)の量が減ることで虫歯、歯周病菌が繁殖しやすい環境になってしまいますので寝る前にもブラッシングができるとより安心です!

多くの患者さまが自己流によるブラッシングをされていると思います。
そして歯ブラシや歯磨き粉の選び方に関しても『なんとなくコレ!』という選び方をされている方が多いです。
ブラッシングには患者さまごとに癖があり、磨き残しが多いところ、しっかりと磨けていることろなどがあります。
これらを見つけ、磨き残しが少しでも少なくなるように指導させていただきます。
また、歯ブラシや歯磨き粉に関しましてもお口の小さな方に向いているもの、虫歯予防に特化しているものや歯周病に特化しているものなどなど・・・患者さまそれぞれにあったものをお使いいただくことをおすすめいたします。

歯医者でのプロフェッショナルケアも大切ですが、セルフケアなしではお口の環境を綺麗に保つことは難しいです。
365日毎日行えるセルフケアに対て、プロフェッショナルケアでは月に1度歯医者に通っていただいたとしても、365日中の12日しかお口の環境を整えることができないのです。
患者さまひとりひとりにあった歯ブラシ、歯磨き粉を使い、そして磨き残しの出にくい方法で磨けるように気をつけていただくことをおすすめいたします!

Instagram

このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます
エラー: アクセストークンが無効か、有効期限が切れています。 フィードは更新されません。
FOLLOW
住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ