乳歯が生え始めたばかりの子のハブラシ・・・どうすればいいの?? 小さなお子さまの仕上げみがきについて

投稿日:

こんにちは!江南市の寺沢歯科医院です!!
今回の歯の豆知識ブログは以前の『お子さまのハブラシ習慣の大切さについて』のブログの続きになります。
乳歯が生え始めたばかりのお子さまのハブラシ・・・迷われることが多いのではないでしょうか?
そこで、今回は『小さなお子さまの仕上げみがき』についてお話していけたらと思います。

乳歯が生え始めたばかりの仕上げみがきについて

お子さまが生まれて約6か月が経過すると、徐々に小さなかわいい前歯が頭を出してきます。
乳歯の前歯が始めた頃から『仕上げみがき』がスタートします!!
いきなり歯ブラシを使っての歯磨きには抵抗がある方も多いかもしれませんね。
この時期の仕上げ磨きは濡らしたガーゼを使った『ガーゼみがき』がおすすめです!!
親御さんの人差し指にガーゼを巻いて、ぬるま湯で濡らし赤ちゃんの歯をやさしく拭ってあげましょう。
赤ちゃんもお口の中にモノが入ってくることに抵抗を示しやすいと思いますので、無理せず少しずつ慣らしていけると良いと思います。

以前の歯の豆知識ブログでもご紹介しましたが、乳歯が生え始めた頃から少しずつ虫歯菌が定着し始めます。ですので、この時期からハブラシに慣れていく、習慣付けていくということが大切だと言えます。

年齢ごとでも注意すべき歯が変わる!?

虫歯になりやすい歯や場所も年齢によって若干変わります。
前歯が生えてからは前歯の唇側を注意してみがくようにしてください。
1~2歳では、特に上の前歯は虫歯ができやすいですので入念にみがいてあげてくださいね。
2歳頃になると乳歯の奥歯がどんどん生えてきます。
奥歯は形が複雑で、溝が多く存在します。かむ面の溝も入念にみがくようにしてあげてくださいね。
3歳頃になるとすべての乳歯が生えそろいます。
その頃になると歯と歯のあいだの部分にも汚れがたまりやすくなるため、フロスやこども用糸ようじを使うことをおすすめします。

まとめ

・歯が生え始めたばかりのお子さまの仕上げみがきは、ガーゼを人差し指に巻いて拭う『ガーゼみがき』がオススメです!!
お口の中にモノが入ることに慣れていないので、無理せず、少しずつ慣れていってもらいましょう!
ガーゼで慣れてから、少しずつ歯ブラシによるハミガキに移行していくと良いでしょう。

・3歳頃に乳歯が全て生えそろいます。それまでは歯の生える時期や、生えた本数でも虫歯になりやすい歯や場所が少しずつ変わります。
年齢や歯の状態に合わせて入念にみがくべきポイントを把握していきましょう!!

住所 〒483-8011 愛知県江南市般若町宮山102−2
アクセス 江南市街からはこちら
一宮市街からはこちら
各務原市街からはこちら
イオンモール扶桑店からはこちら
電話番号 0587-55-0144
診療科目 診療科目はこちら
休診日 毎週木曜日・日曜日・祝日
問診票 診療時間
お問い合わせ